p_prince ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS <足利事件>再審で菅家利和さんに無罪判決

<<   作成日時 : 2010/03/26 13:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像<足利事件>再審で菅家利和さんに無罪判決 宇都宮地裁
(毎日新聞 - 03月26日 10:23)
http://mainichi.jp/select/today/news/20100326k0000e040015000c.html
足利事件の再審判決公判で弁護団とともに入廷する菅家利和さん=宇都宮市の宇都宮地裁で2010年3月26日午前9時50分、小林努撮影

 栃木県足利市で90年に4歳女児が殺害された「足利事件」で無期懲役が確定し、09年6月に釈放された菅家利和さん(63)の再審で、宇都宮地裁は26日、無罪判決を言い渡した。佐藤正信裁判長は「DNA鑑定に証拠能力はなく自白は虚偽で、犯人でないことは誰の目にも明らかになった」と述べた。佐藤裁判長は判決言い渡し後、2人の陪席裁判官とともに立ち上がり、「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半の長きにわたり自由を奪うことになりました。誠に申し訳なく思います」と菅家さんに謝罪した。

 論告で無罪を求めた検察側は同日、上訴権放棄を申し立てる方針で、逮捕から18年余を経て菅家さんの無罪が確定する。死刑か無期懲役が確定した事件で、再審無罪判決は89年の「島田事件」の静岡地裁判決以来21年ぶり。

 有罪確定の根拠となったDNA鑑定と自白について、判決がどのような判断を示すかが焦点だった。

 判決は、検察側推薦の鑑定人によるDNA再鑑定の結果を基に「菅家さんが犯人でないことを如実に示している」と指摘。最高裁が初めて証拠能力を認めた捜査段階のDNA鑑定について、再審公判で専門家3人がいずれも不鮮明さを認めていることを挙げ、「判定過程に疑問が残る」として証拠能力を否定した。

 自白については「DNA型の不一致を踏まえれば、全く信用できない」と指摘した。そのうえで、1審公判中の92年12月、検事が別事件の取り調べ中に足利事件について追及したことを検討。取り調べで被告に黙秘権を告知せず、弁護士にも事前に連絡しなかった点を挙げ、「当事者主義や公判中心主義を没却しており、違法な取り調べであったと言わざるを得ない」と指摘した。一方で、黙秘権などは公判で確保されているとして、自白の証拠能力自体は否定しなかった。

 再審は09年10月から始まった。弁護側は▽DNA型を再鑑定した鑑定人の証人尋問▽菅家さんの取り調べを録音したテープの再生▽担当検事(当時)の証人尋問−−を求めた。佐藤裁判長は「確定判決の手続きに違法があるかを検討するためなら可能」として、いずれも採用した。

【安高晋、戸上文恵、北村和巳】

 【ことば】足利事件

 90年5月、栃木県足利市のパチンコ店駐車場で4歳女児が行方不明になり、翌日約700メートル離れた渡良瀬川河川敷で遺体で発見された。県警は91年12月、川底から見つかった女児の着衣に付着した体液とDNA型が一致したうえ、殺害を自白したとして、菅家さんを逮捕。菅家さんは1審公判の途中から否認に転じたが、1、2審で無期懲役判決を受け、00年に最高裁で確定した。再審請求の即時抗告審で東京高裁はDNA型を再鑑定し、09年6月に「一致しない」として再審開始を決定。同10月に宇都宮地裁で再審が始まった。事件は05年、公訴時効が成立している。

 ◇解説 自白、DNA鑑定を否定

 足利事件の再審で宇都宮地裁は、菅家さん有罪確定の有力証拠だったDNA鑑定と自白について改めて検証し、冤罪(えんざい)・誤判の原因解明に踏み込んだ。検察側が無罪を争わない中、異例の訴訟指揮だった。

 強姦(ごうかん)罪などで服役後に冤罪が判明した「氷見事件」の再審(07年)も、検察側は無罪に異議を唱えなかった。弁護側は取調官らの証人尋問を求めたが、富山地裁高岡支部は退けた。「無罪が明白なら多くの証拠調べは必要ない」(ある刑事裁判官)との考え方も根強い。

 今回も検察側は「速やかな無罪こそが被告の名誉回復になる」と主張した。弁護側は「無罪を言い渡すには誤った証拠を取り除く必要がある」と証拠調べの必要性を訴えた。

 佐藤裁判長は弁護側の主要な要求を受け入れ、DNA鑑定を巡る専門家3人の証人尋問と取り調べテープの再生、元検事の証人尋問が実現した。DNA鑑定については逮捕当時の精度では判定が困難だったことが判明し、テープからは強圧的でなくても「自白」してしまう取り調べの一面が浮かび上がった。

 こうした訴訟指揮の背景には、17年半もいわれのない罪で社会から隔絶された菅家さんの名誉回復に加え、裁判員制度が始まり国民の司法に対する関心が高まっていることがあるとみられる。国民の司法参加の基盤を揺るがせないため、司法の信頼回復を目指した側面は否定できないだろう。

 約半年間にわたる7回の再審公判では、科学捜査や自白に頼りすぎる危険性が浮き彫りになった。捜査当局や裁判所、そして裁判員になるかもしれない国民全体が教訓として今後に生かしていかなければならない。【北村和巳、安高晋】

 ■足利事件再審無罪判決の骨子■

▽菅家さんは無罪

▽捜査段階のDNA鑑定に証拠能力はない

▽起訴後の取り調べには違法性が認められ、自白の信用性は皆無だが、その証拠能力は否定されない

http://mainichi.jp/select/today/news/20100326k0000e040050000c.html
--------------------------------------------------------------

 菅家さんの無罪が確定した。
 長い間無実の罪で服役し、かつてのDNA鑑定結果を盲信した当局の捜査と裁判に警鐘を鳴らすこととなった。

 菅家さんが逮捕された当時、
 護送されるニュース映像で、しきりに首を傾げていたのが目に焼き付いている。
 もしかすると……この人は犯人じゃないのかもしれない……
 そんな思いがよぎった。

 科学鑑定に対しての盲信
 現代でも冤罪が起こりうることへの怖さをかみしめる。

 殆どの人が忘れてしまっているだろうけれど、
北朝鮮拉致被害者の遺骨のDNA鑑定に対する科学雑誌ネイチャーでの反論、
誰もが日本の警察の鑑定結果を信じてしまうことへの怖さを改めて痛感する。

 犯人とされた菅家さんの思い、遺族の心中ははかりしれない。

 組織とシステムの中で、かんじんなことがおろそかにされ、冤罪を生む。

 今回、再審裁判の撮影が許可されなかった。
 裁判所が映像という形で残ることを憂慮したのだろう。
 それはある意味、裁判所の自己保身と言えるかもしれない。
 二度と冤罪を生まないという司法の覚悟を日本中に知らしめるために、勇気をもって撮影許可をして欲しかった。
 
 判決の「自白の証拠能力は否定されない」ということの意味は大きい。
 つまり、冤罪といえども形式上の証拠(自白調書)さえそろっていれば、有罪を免れることは出来ないということである。
 被告人が、取り調べの違法性を立証することが事実上不可能に近いことからすれば、裁判というシステムの中でエスカレータ式に有罪判決がつくりだされてしまうわけだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
障害者郵便割引不正:村木元局長無罪 http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100911ddm041040184000c.html ...続きを見る
p_prince ブログ
2010/09/11 10:34
第7回安田塾 「公立学校の実態−中学教師から美術商へ−」
 去る10月30日、第7回安田塾が開催されました。今回の講師は私が務めさせていただきました。安田先生のお話につづき、ビデオや写真を多用し、美術に関わる現在の仕事と公立中学校の実務と課題について、講演させていただきました。時間の都合もあり、レジュメ特に後半の内容は割愛させていただきました。 (今回お話できなかった部分を含め、最後にブログ記事へのリンクを纏めました。よろしかったらご覧下さい。) 追記 安田先生からのメッセージが配信されましたので掲載いたします。(2011.1.5) ...続きを見る
p_prince ブログ
2016/10/03 11:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<足利事件>再審で菅家利和さんに無罪判決 p_prince ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる