p_prince ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ◎履修不足、各地で発覚=山形、福島など計9県に−全国に実態把握求める・文科省

<<   作成日時 : 2006/10/26 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高校で世界史等を履修しなかったというニュースの続報である。
考えてみれば、自分も高校時代、理系クラスで世界史を履修していない。(当時は指導要領上も必修ではなかったと思う。このあたりも今回のような履修不足カリキュラム実施の背景にあるのかもしれない。)
その他の社会科目、地理・日本史・政治経済・倫理社会は履修した。(文系クラスよりは時間数が少なかったし、現在の科目わけとは違うかもしれない。)

当初の富山の報道で生徒の要望で……とあるが、これは明らかな学校側の言い訳だ。指導要録にまで履修したという記録を残していたわけだから、確信犯ということになる。
受験一辺倒の教育の生んだ歪みだ。それが相当の広範に行われていたことが分かってきたわけで、
昨今のいじめ問題などともに学校教育全般に対する不信感を強める結果となってしまった。

生徒にとってみれば、受験にない科目は選択したくないという気持ちも分かる。
しかし近視眼的に考えずに、将来に渡る教養としての必要性も考えてもらいたい。

ちなみに僕らの時代、世界史的なものは地理の中でもある程度学習していたのだと思うのだが、今になってみれば世界史というものをちゃんと勉強しておきたかったと思う。
逆に言えば文系の生徒は理科系科目を随分学習していないわけだが……。

高校三年の時、我が理系クラスを教える日本史の教師の授業中、
殆どの者が受験用の数学や理科を自習していた。
(さらに進学校では、授業に出ないで図書室の自習にあてるなどというのも聞いたことがある。)
理系クラスにいながら文系へ志願変更した生徒一名と、おそらく自分だけがその授業をまともに聞いていたと思う。
その友人は一番前の席に座って熱心にノートをとっていた。
自分は真面目ぶるのが嫌で後ろの方で、聞いていないような素振りをしながら、その個性的な教師の話にしっかり耳を傾けていた。(その一時間だけせこく受験勉強したところで、どれだけのものになるものかという開き直りもあった。)

その日本史の授業は、社会に出て年月がたつと懐かしくも意味のあるものだったと思う。
同じような経験が大学でもあった。

15や16歳の時期に理系だとか文系だとかを決めてしまうシステムにも疑問がある。長い人生、どうなるかは分からない。そのときに、バランスのとれた教養というものが、ものをいうのではなかろうか。知識だけではなく、考え方や物の見方・人間を形成する上での礎になるものだと思う。

偏った教育は人間性も歪ませる。
受験教育の呪縛から、教師も生徒も考え方が偏狭になっている。
このあたりから、教育再生をしていかなくてはならない。

受験を間近に控えた生徒達に動揺を与えたという点では、学校と教育行政の責任は重い。


履修不足は一問題  2006年10月27日21:15

高校の履修不足問題が、どんどん範囲を広げているが、
これは、学校教育における本音と建て前の
一問題に過ぎない。

履修状況を調べるなら、
中学や小学校もきちんと調査すべきだ。
教育委員会への届け出上の授業時数や履修内容と
実体の差は、多かれ少なかれ、
どの学校でもあるはずだ。

つい数年前まで、選択教科の時間と称して、
通常の教科授業に振り分けていた例などいくらでもある。
総合学習の時間の流用なども当然あるだろう。
私立の学校では実技教科などの授業をきちんと実施していない
ということも聞いたことがある。

ひとたびマスコミで騒がれるや、
「生徒の君たちには責任がない。すべて学校側の責任です。」
などと、判で押したような訓辞(おそらく教育委員会からの指示だろう)をたれる校長達は、
恥ずかしいとは思わないのだろうか。
(責任をとって職を辞するような潔い管理職がいるだろうか。)

中には、学校の履修カリキュラムを問題ととらえ、
職員会議や校長にも意見するような正義感のある教師もいただろう。
しかしそうした声がかき消されてしまうような、
組織の体質があると思う。
教育委員会は知らなかったのではなく、見て見ぬ振りをしていただけである。
(担当指導主事どまりになっていたということはあり得る。)
本当に知らなかった指導主事がいるなら、余程のぼんくらだ。

教育委員会設立の経緯に、軍部や行政からの独立した
民主的な教育を担うという位置付けがあったという。
ところが現実は、
学校現場の声を聞くどころか、文科省や上部の組織(上司)の顔色をうかがい、指導という名の一方的な命令の伝達に終始する。
いざとなると現場に責任を押しつけ、
責任逃れと隠蔽までも行う組織と揶揄される。

当の校長ですら、末端管理職として教育委員会の顔色ばかりをうかがっている。
「君たちに責任はありません。」と言うなら、
「オレの責任で全員卒業させる。」ぐらいのことを言ったらどうだ。
「教育委員会からの罰の一切は引き受けた。」
そんな校長だったら、生徒も教員もついていこうと思うんじゃないだろうか。


2006年11月09日 09:22
必修逃れ、文科省は4年前に把握

こうした報告書も文科省の役人は読んでいないということだろうか。(読んでいたとしても担当者止まり、問題意識がないのか、どこかで握りつぶされたということだろう。)
報告が上がっていなかったので分からなかったといった言い訳はもうできない。
監督官庁としての責任は重大だ。氷山の一角が崩れたことを機会に教育行政全般の見直しを進めるべきだろう。


決め方TV(テレビ朝日)「クラス替え」
http://p-prince.at.webry.info/201503/article_1.html
ジョブチューン学校の先生SP!(TBSテレビ)
http://p-prince.at.webry.info/201601/article_1.html
NHK(Eテレ)「いじめをノックアウト」
http://p-prince.at.webry.info/201609/article_1.html

 出演・原稿執筆・講演等のご依頼・お問い合わせは こちら までお願いします。
 部活動の問題 学校施設の安全管理 についても追加更新しているので良かったらご覧下さい。(2016.09.24追記)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
◎履修不足、各地で発覚=山形、福島など計9県に−全国に実態把握求める・文科省 p_prince ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる